メキシコペソ分析

【分析】メキシコペソ円の取引が活発になる時間帯は?

こんにちは!^^

約1,000万円のお金をひなたぼっこさせているヒナタ(@HinataLabo)です。

 

今回の記事では

・メキシコペソ円の取引が活発になる時間帯はあるのか?

・おすすめのトレード時間

について分析していこうと思います^^

 

ヒナタ
早速いこう!

 

メキシコペソ円の取引が活発になる時間帯は3つある!

このグラフは2020年4月~7月において、マネーパートナーズの連続予約注文を使って1銭~6銭のリピート売買を行ったときの取引(売買)回数を示しています。

 

リピート幅は均等で、裁量取引は一切していないので、取引量と考えて問題ありません。

 

詳しく見てみると取引が活発になる時間帯が3つあることが分かります。

 

この時間帯に取引が活発になるのはFXならではの理由があります。

 

FXの三大市場はニューヨーク、ロンドン、そして東京

先ほどのグラフにFXの三大市場を入れてみました。

 

外国為替市場は、土日を除いて24時間動いています

 

地球が自転するにつれて(朝を迎える)につれて市場が西へ西へと移動していきます

 

そして、その都市のビジネスタイム(朝から夕方)において、取引が行われることを一般的に「東京市場」とか「ニューヨーク市場」と言っています。

 

投資ロボ
市場といっても「取引が活発に行われている時間帯」のことなので、「株式市場」のようなしっかりとした時間帯があるわけではありません

 

世界中で為替取引が行われていますが、ニューヨーク、ロンドン、東京が三大市場と呼ばれています

 

メキシコペソ円の取引が活発になる時間帯の正体は、FX自動の三大市場が関係しているということですね^^

 

オススメのトレード時間は?

ここでお伝えしたいのは「先ほどの3大市場の時間帯で取引すると儲けやすい」と言うことではありません。

 

ここではリピート系の自動売買を前提としていますが、自動売買は遊んでいても寝ていても取引してくれるので3大市場はあまり関係ありません

 

ポイントは「取引が活発じゃない時間帯に焦ってポジションを増やさないこと」です。

 

ココがポイント

取引が活発じゃない時間帯に焦ってポジションを増やさない

 

取引が活発じゃない時間帯とは早朝やお昼過ぎのことです。

 

ヒナタ
この時間帯はあまり決済されません

 

決済されないとついついポジションを増やしたくなりがちですが、リスク管理がおろそかになるので得策とは言えません。

 

ボラティリティが大きいと嫌でも決済されるので、取引が活発になるまでは始めに作ったルールは変えない方が無難です^^

 

まとめ

今回は

・メキシコペソ円の取引が活発になる時間帯はあるのか?

・おすすめのトレード時間

ということについて紹介しました。

 

取引が活発になる時間帯としては、

・東京時間開始の9時~10時

・ロンドン時間開始の15時~18時

・ニューヨーク時間開始の21時~23時

の3つです。

 

そして、この時間帯以外で決済されなくても「焦ってポジションを増やさない」のがポイントです^^

 

ヒナタ
メキシコペソ円の取引が活発になる時間帯の特徴を押さえてトレードしていきましょう★

 

-メキシコペソ分析

Copyright © お金のひなたぼっこ研究所 , All Rights Reserved.