メキシコペソ分析

【メキシコペソ】知ってる?自動売買の再投資&複利運用のコツ

こんにちは!^^

約1,000万円のお金をひなたぼっこさせているヒナタ(@HinataLabo)です。

 

この記事ではリピート系自動売買において複利運用をどうしようか、どのように再投資すればよいか悩んでいる人に向けての記事になります。

 

投資初心者
決済益が増えてきたけど、どうすればいいの?

 

自動売買で再投資は難しい?

リピート系自動売買において決済益が順調に増えてきたけど、それをどのように再投資して複利運用すればいいか悩んでいる人は多いと思います。

 

みなさんの再投資はこんなところではないでしょうか?

・現在運用している自動売買のトラップ数を追加する

・新たに別の通貨で自動売買を行う

・決済益を出金してNISAや投資信託などに再投資する(積立運用)

・あえてそのまま(ロスカットレートの水準を下げる)

 

これらの再投資を分析すると

「攻め」の再投資
・同じ通貨のトラップ数を追加する
・別の通貨で自動売買を行う

「守り」の再投資
・あえてそのまま(ロスカットレートの水準を下げる)

「リスク分散」の再投資
・決済益を出金してNISAや投資信託などに再投資(積立運用)

に分けることが出来ます。

 

さらにこの3つをメリット、デメリットを踏まえて分析するとこうなります。

「攻め」の再投資

複利の効果は一番高いが、ある程度決済益が貯まらないと追加のトラップを仕掛けられない
・追加のトラップを仕掛ける場合、どうしても部分的になってしまう
・ハイレバレッジで運用している場合、追加のトラップを仕掛ける事でさらにリスクが増える可能性がある
・別の通貨で自動売買を行う場合、“かなりの決済益”が貯まらないと実践できない

 

「守り」の再投資

・ロスカットレートは下がっていくが複利の恩恵を受けることができない

 

「リスク分散」の再投資

・投資信託などに再投資する場合、少額からでも再投資できる
・自動売買ほどの複利効果は期待できない可能性がある
投資対象のリスク分散効果はあるが、出金してしまうため現在運用している自動売買のロスカットレートが下がることはない

 

投資初心者
どれも悩ましい…

 

そうなんです。結構難しいですよね。
ところがこれらの悩みをズバリ解決する方法があります^^

 

メキシコペソ自動売買 攻めて守る再投資

 

リピート系の自動売買では“再投資しづらい”一面があることが分かりました。

でも、あきらめたらそこで試合終了ですよ…?
そこで、私が実践している攻めと守りの再投資についてお教えします。

 

それは、『5万円株に再投資をして、かつ、その株をFXの担保にする』という方法です。

 

この方法をつかうと複利の効果を最大化しつつ(攻め)ロスカットレートの水準を下げる(守り)ことができます。

 

※株を担保にしてFX自動売買(メキシコペソ円)ができる証券会社はマネーパートナーズになります。

 

具体的な方法ですが、メキシコペソ自動売買の決済益を株式に投資します。特に私がオススメするのは5万円株です。5万円株は少額から買えるだけではなく値動きが大きいので儲けやすい株でもあります。つまり少額から再投資できるので複利の恩恵をすぐ受ける事ができます。そして5万円株そのものの値上がりが期待できます。

 

投資初心者
どんどん攻めるね

 

さらにその5万円株を代用有価証券として利用し、メキシコペソ自動売買の担保にしてしまいます。こうすることで5万円株の値上がりを狙いつつ、ロスカットレートも下げることができます。

 

投資初心者
でも、再投資した5万円株が値下がりしたらどうするの?

 

ご安心を。仮に塩漬けになったとしても売却しない限り“証拠金”として仕事はしてくれます。だから「攻め」かつ「守り」なんです。

  • 追加トラップは「攻め」はしますが「守り」はしません
  • 決済益をそのままにしておくと「守り」はしますが「攻め」はしません

つまり5万円株の再投資は「攻め」と「守り」の“いいとこ取り”なんです^^

 

投資初心者
攻めて守ってスゴイ
ヒナタ
株式に再投資することで投資対象のリスク分散にもなるよ
複数銘柄買うことでさらにリスク分散できるよ

 

具体的な手順はこちらの記事からどうぞ♪
マネパの代用有価証券サービスを200%活用する方法

 

株を担保にする場合の注意点

株を担保にしてFX取引が出来るのはとてもいいサービスですが、株のみを担保にしてFX取引をするのは危険なのでやめましょう。

 

株は値上がりする可能性もありますが値下がりする可能性もあります。値上がりする分は全然いいですが、値下がりした場合、含み益 含み損にかかわらず証拠金維持率が下がってしまいむしろ危険です。

 

最悪の場合、FXでは買っているのに担保にしている株が暴落したせいでFXがロスカット!なんでダブルパンチもあり得ます。

 

あくまで【軍資金再投資で購入した株】× メキシコペソ自動売買で複利の最大化を狙いましょう。

 

理想は軍資金:再投資で購入した株=1:1です^^

 

まとめ

メキシコペソ自動売買は一見再投資しづらい投資に見えますが、5万円株を担保にして「攻め」と「守り」の再投資を行うことで、複利の効果を最大化することができます。

 

2020年6月現在、株を担保にしてFX自動売買(メキシコペソ円)ができる証券会社はマネーパートナーズだけです。私もメインで使っている証券会社です。

 

※SBI証券とauカブコム証券も株を担保にしてFX取引が出来ますが、SBI証券は自動売買がなく、auカブコム証券は自動売買はありますがメキシコペソ円の取り扱いがありません

 

さらにマネーパートナーズでは証券口座を開設するだけでFXの取引高、未決済建玉残高に応じて毎月キャッシュバックされるサービスがありますので証券口座を開設しない手はありません。

 

キャッシュバックの詳細は下図のようにマイページの資産詳細から確認することが出来ます^^

 

-メキシコペソ分析

Copyright © お金のひなたぼっこ研究所 , All Rights Reserved.